WiMAX2+(プラス)の圏外対策!クレードルは必要ですか?

WiMAX2+(プラス)の圏外対策!クレードルは必要ですか?

はてな

WiMAX2+のプロバイダが用意するモバイルルーターやホームルーターは本体のみです。

 

ホームルーターについては、家の中で据え置きで使うことを考えて作られているため、電波などについても一定の配慮がされています。

 

しかし、モバイルルーターは本体をコンパクトにする必要もあるため、電波の強さが必要な分しか確保されていないという問題があります。

 

なので、オプションでクレードルが用意されています。

 

オプションなので別料金にはなるのですが、あると無いではどの程度変わる物なのでしょうか。

 

WiMAX2+(プラス)用モバイルルーターのクレードルのメリットは?

そもそもクレードルって何をするものなの?と言う感じですよね。

 

クレードルは、一見充電をするための台にしか見えませんが、あると便利な機能がついています。

 

クレードルの機能

クレードルについてる機能は、見た目通りの充電台の役割もあります。

 

それ以外にも、クレードルには有線LANの接続端子が付いています。

 

なので、有線LANでしか接続できない機器でもインターネットにつなげるようになります。

 

有線の方が無線に比べて通信も安定するというメリットもあります。

 

 

モバイルルーターですが、電池持ちを上げるために、持ち歩く場合にはパワーをセーブしています。

 

クレードルに差すとハイパフォーマンスモードで動作するため、通信の速度や電波の強度などが改善する可能性があります。

 

 

さらに、クレードルを使うとAP(アクセスポイント)モードと言うのが使えるようになります。

 

これの便利な使い方は、出張や旅行などでホテルを利用したときですね。

 

Wi-Fiがつなげれれば良いのですが、有線のLANしかないホテルと言うのも結構あります。

 

そうした際に、クレードルに差したモバイルルーターをAPモードで使うと、手軽に無線環境が作れます。

 

セキュリティ面でも、無料のWi-Fiや有線LANにつなぐよりもずっと安心です。

 

クレードルで電波は強くなる?

クレードル自体に電波を強くする機能はありません。

 

上記で書いたように、モバイルルーターをセットすると、ハイパフォーマンスモードで動作するようになるので、電波強度が強くなります。

 

W04などの少し前の機種では、クレードルに電波を強くする仕組みがある物もありました。

 

現行のW05などは、クレードルにではなく、本体に電波を強くするモードを追加したということです。

 

WiMAX2+(プラス)モバイルルーターのクレードルの価格は?

プロバイダによりますが、最初にオプションで付けるのが安いです。

 

プロバイダやプランによっては無料についてくるところもあるので、探してみても良いでしょう。

 

単品購入すると3,400円ぐらいなので、必要になってから手に入れてもそれほど負担にはならないかと思います。

 

まとめ

自宅でも使うことを考えれば、できれば最初の契約時に選んでおきたいオプションではあります。

 

もちろん、クレードルなしで使えないわけでは無いので、少しでも安くという場合には必須アイテムとまでは言えないでしょう。

 

APモードなどを考えれば、出張や旅行でホテルの利用が多い人は、持っているとセキュリティー面の事もありますし特におすすめのアイテムです。


page top