WiMax2+(プラス)の優良プロバイダランキング!料金や評判で比較

WiMAX2+(プラス)の電波状況は?電波の強さ等について

WiMAX2+(プラス)を契約しても、電波が弱かったり圏外ばかりで使えなかったらどうしようもないですよね。

 

実際にの電波状況はどんな感じなんでしょうか。

 

電波がつかみにくなる状況について調べてみました。

 

WiMAX2+(プラス)の電波が弱くなったり圏外になりやすい場所

WiMAX2+の圏外になりやすい場所の前に、WiMAX2+が使用している電波のお話をします。

 

WiMAXは2+(プラス)は2.5GHzと言う周波数の電波を使用しています。

 

一方、ドコモやau・ソフトバンクなどのLTE回線の周波数は800MHz〜900MHzの電波を使用しています。

 

WiMAX2+の電波の方が、とても高周波の電波なのです。

 

 

周波数が高い電波の特徴として、直進性があげられます。

 

多少の障害物があっても、まっすぐに飛んで行ってしまうんです。

 

ただ、メリットとして高速通信が行いやすいというメリットもあります。

 

 

一方、キャリアのLTEですが、周波数が低いため、障害物があると障害物を回り込もうとします。

 

そのため、障害物が間に入っても電波が届きやすいのです。

 

プラチナバンドって聞いたことありませんか?

 

それらの周波数が低い電波でそう呼ばれています。

 

圏外を少なくするにはとても重要な電波なのです。

 

 

高い周波数と低い周波数で差が出るのが、建物の中などです。

 

地下鉄や地下街も同様の事が言えます。

 

直進性が高いと壁に遮られるとそれ以上進めませんが、回り込むように電波が飛べば建物内部へ電波が届くようになります。

 

 

そういった理由から、WiMAX2+(プラス)の電波は障害物に弱いと言えます。

 

地下街や建物の中では電波が弱くなったり圏外になることが多いです。

 

なので、安定した通信をしたいときには、窓際にルーターを置くのが良いとされています。

 

 

ただ、WiMAX2+にはLTE回線を使うモード(ハイスピードエリアモード)が用意されています。

 

制限がある(月に7GBまで)ので使用には注意が必要ですが、auのLTE回線を使用してインターネットにつなげます。

 

そちらのモードであれば、auのスマートフォンが使える場所にいれば、auの電話回線でLTE通信を行うことが出来ます。

 

WiMAX2+が圏外でも、回避策は用意されているので、その点は安心ですね。

 

ただ、ハイスピードエリアモードを使用する場合には制限について注意が必要です。

 

月間7GBの制限に引っかかると、本来のWiMAX2+の電波の方も制限がかかってしまいます。

 

こちらの制限に引っかかると、128kbpsの制限になってしまうため、とてもじゃないですがその月内は使い物にならなくなってしまいます。

 

使用する際には、容量には十分に注意しましょう。

page top