WiMax2+(プラス)の優良プロバイダランキング!料金や評判で比較

WiMAX2+のモバイルルーター・ホームルーターの機種紹介

WiMAX2+(プラス)を使うには、専用のモバイルルーターやホームルーターが必要です。

 

それぞれどのような機種があるか見てみます。

 

機種の種類はそれほど多くなく、本家のUQモバイルを除けば、大体のプロバイダがモバイルルーター2種類とホームルーターを1種類取り扱っています。

 

 

モバイルルーターがW05とWX04です。

 

勘の良い人ならわかると思いますが、W05の方が新しい機種です。

 

機種代については、無料としているプロバイダが多いので、あえて古い機種を選ぶ必要なんてないんじゃないの?という疑問も出てきます。

 

確かに、その考えは間違っていないです。

 

ただ、Speed Wi-Fi NEXT 04の方が優れている点もあるんです。

 

それに、古いと言っても発売日でたったの2か月差です。

 

それぞれの特徴を理解して、モバイルルーターを選んでください。

 

WX04の特徴

 

Speed Wi-Fi NEXT 04

 

最新機種ではないものの、ある特徴があるWiMAX2+用モバイルルーターです。

 

それは、電池持ちの良さです。

 

後ほど紹介するW 05の電池持ち(連続通信時間)が9時間なのに対し、WX04は13時間になります。

 

WX04なら、出かける際に使用しっぱなしでも半日は持つ計算になります。

 

この電池持ちが最大の特徴です。

 

なので、途中で充電しないで長く使いたい人にはお勧めのモバイルルーターになっています。

 

ちなみにメーカーはNECプラットフォームズです。

 

 

W05の特徴

 

Speed Wi-Fi NEXT W05

 

WX04の後に出た機種です。

 

特徴は、WX04は440Mbpsの通信速度に対し、W05は758Mbpsの速度に対応しています。

 

その速度が出せる地域が一部の為、大多数の人が使えない速度であるものの、将来性をかんがえると悩みどころです。

 

ただ、この758Mbpsですが、ハイスピードエリアプラスモードでの通信が必要です。

 

なので、通信量に制限があり制限にかかってしまうと通常のWiMAX2+の通信も制限されてしまうという状況になってしまいます。

 

通信速度が速いということは、短い時間で通信量を使ってしまうので、なにか矛盾しているような気もしますね。

 

メーカーはファーウェイジャパンです。

 

WiMAX2+のモバイルルーターのおすすめは?

おすすめはズバリ「W05」です。

 

機能面では電池持ちや持ち運びやすさなどWX04の方が良い面もあるのですが、いかんせん実は評判が悪いのです。

 

口コミ評価を見ていると、電波をうまくつかんでくれないという話や、動作が遅いという口コミなどあまりWX04に対してよい口コミが無いのです。

 

もちろん、問題なく使用している人もいるので使えないということは無いでしょうが、W05の方が安全かなと思いました。

 

ホームルーターならL01sです!

 

WiMAX2+のモバイルルーター・ホームルーターの機種紹介

 

ホームルーターを選ぶのであれば、L01sしかないので悩まないですね。

 

とは言っても口コミを見ても、拡張性や電波状況など満足している人が多い印象でした。

 

なので、普段持ち運ぶ必要が無く、自宅据え置きを考えているのであれば、L01sにして問題ないでしょう。

 

W05も電波は強くなっていますが、接続台数が多くなっているわけではありません。

 

 

家庭用の据え置きとなると、それなりの台数の接続が考えられます。

 

40台接続することは無いと思いますが、10台は心持たないところがあります。

 

特に家族で接続となると余裕は持っておいた方が良いですよ。

page top