WiMax2+(プラス)の優良プロバイダランキング!料金や評判で比較

WiMAX2+(プラス)の速度制限について|制限中にできること

WiMAX2+のギガ放題プランは月の通信量は無制限です。

 

しかし、三日間での通信量に制限があります。

 

それが、10GBで直近3日間の通信量が10GBを超えると、その状況が解消するまで制限が掛かります。

 

制限がかかる例

3日前 2日前 1日前 制限日数
2GB 5GB 6GB 最低2日間制限
8GB 1GB 4GB 最低1日制限
1GB 2GB 12GB 最低3日間制限

 


このように、状況によってWiMAX2+の通信制限がかかる日数が変わってきます。

 

 

ただし、LTE回線を使ったハイスピードエリアモードでは事情が変わります。

 

auのLTE回線を使うので、建物の中や地下なのでつながるようになるなどメリットはあるのですが、制限については要注意です。

 

ギガ放題プランを選んでいても、ハイスピードエリアモードについては別に制限が設けられています。

 

それが、月に7GB制限です。

 

 

この制限ですが、厄介なのがハイスピードエリアモードで制限がかかってしまうと、通常月の通信量がが無制限のWiMAX2+を使用した方まで速度制限がかかるところです。

 

しかも、制限時の速度はスマホなどと一緒の128kbpsで昼夜問わずなんです。

 

制限を解除するには月を跨ぐまで待つ必要があるため、実質使用不可になるといっても過言ではありません。

 

 

WiMAX2+(プラス)の通信制限時の速度と出来ること

ただ、制限がかかるといっても全く何もできないかと言えばそうでもありません。

 

スマートフォンの場合は制限がかかると本当に何もできないに近いですが、WiMAX2+の制限はちょっと違います。

 

WiMAX2+(プラス)の制限の特徴

まずは、通信速度についてです。

 

速度は概ね1Mbpsで制限されます。

 

スマートフォンの場合は128kbpsの制限なので、8倍ぐらいの速度が出ます。

 

 

そして、制限がかかる時間帯についてです。

 

一日中その通信速度で固定されるのかと言えばそうではなく、18時から26時の間が制限されます。

 

なので、日中の使用については全く影響されません。

 

そういった特徴をしっかりと理解して使えば、WiMAX2+はとても使いやすくなります。

 

WiMAX2+の制限時速度1Mbpsで出来ること

1Mbpsで出来ることですが、意外と何でも出来るんです。

 

動画も画質を多少我慢すれば視聴は可能です。

 

我慢と言っても、高画質設定ではなく標準画質設定であれば動画サイトによりますが、十分再生可能です。

 

動画を見れるぐらいですから、インターネットも問題なく使用できますし、メールも問題ありません。

 

 

ただ、2台の末端を同時につなげて動画を見るなど、複数の事を同時に行うのは難しいかもしれません。

 

それも、つなげた際にやることで変わります。

 

動画を見ながらウェブを見る程度であれば、問題が出ないことも多いでしょう。

 

制限中に高画質の動画が見たい!時には?

例えば、夜に知人が来るため、どうしても見たい映画がある場合など、制限中に大容量通信をしたい場合についてです。

 

上記で書いたように、WiMAX2+(プラス)は制限される時間帯が決まっています。

 

なので、制限がかかる前にダウンロードをしておくとよいでしょう。

 

動画にかかわらず、大きなファイルのやり取りは制限前にやっておけば、制限中はそれほど通信を使わなくて済みます。

 

ちょっとした工夫で、制限があるんだけど制限を気にしないでインターネットを楽しめますよ。

page top